言葉のリハビリ場

好きなことや思い出したこと、忘れていたこと、つらつらと文字にしています。

PC用モニターを借りた


いつも仕事で使っているのはノートPCであるが、そこにでかいモニターを持ち込んで仕事をしている人がいる。ノートPCは小さいので結構見にくいのだ。時に横に長いような資料が展開されるようなことがあるけれど、サイズを80%くらいにして見るくらいしか対応方法がなくて、そういったときにこそでかいモニターがあると結構便利なんだと思う。

我が家にはモニターがない。ずっとノートPCであるが、あまり不便に感じたことがなかったのは、まあ家で使う分にはノートPCでも特に問題がなかったからである。基本的にはモノを書くときに使っているし、ゲームをするにしても私はPCでminecraftくらいしかやらないし、もうそれらは小さな画面でやる習慣がついてしまっているので特に気になったことはなかったのだ。
ただし自然と姿勢は悪くなる。モニターがあれば正面上方を見ることになるんだろうけれど、基本的にノートPCだとやや下方を見続けるような、そんな姿勢になる。最近PCを買い替えてから少し画面が大きくなったものの、姿勢自体はそこまで変わっていないのだ。ノートPCは結局キーボードのすぐ上に画面があるわけだから。

ところが最近、仕事場ででかいモニターを使っている人が、ちょっと使ってみますかとモニターを貸してくれた。お盆休みとして数日休みになるのでしばらく不在になるらしく、せっかくのモニターを遊ばせておくのはもったいないとのことで貸してくれたのだ。
使ってみて結構驚いたのだけれど、ビジネス的な用途だと特にモニターがあると便利な場面が多いということである。横長の資料を読むときはもちろん、例えば手順書なんかを別画面で固定しておいて、それを見ながら作業ができるのは非常に楽である。いくらalt+tabで画面切り替えができるとはいえ、切り替えるよりもずっと並んでいるほうが見やすい。
また、リモートデスクトップを使って作業するときなんかもすごくやりやすいのだ。リモートデスクトップと今の自分のデスクトップ間での行き来が1画面だと結構面倒なので、2窓あると楽でよい。

実際使ってみると結構便利であるということが分かったので、ぜひ欲しい……ような気もしているが、例えば自宅だとモニターを置くようなスペースが全くないので困ったものである。机に奥行きがないのだ(棚があるから)。その時点でモニターを置くのには適していない。もっと言えば電源も足りていない。
机を買い替えるとすればたぶん引っ越すとかそういうことでもないとなかなかやらないだろうし、数年は変わらないだろう。モニターを買うより前に机を新しくしなくてはならなくてそれには引っ越し前提とか、それはもう買う気がないと言っているのと同じだ。
会社がたくさん給料くれたら引っ越すだろうけれどね、今度の昇給どうなるかな?

叶わない未来の話は置いておくとしても、使うとすればやっぱり仕事中の話になるだろうけれど、それならそれで会社とかに買ってもらうならまだしも自腹でそろえるのはあんまり気が進まないところである。


モニター導入は少し遠い話だ。良さはわかった。わかってしまっただけに少しもどかしい。

雨の音

 

毎日毎日天気がいいなとは思っていたけれど、このところは台風の影響もあってカンカン照りの日は少なかった。たまたま外にいるときには振られなかったものの、仕事中に急に外の音がうるさくなったなと思ったらものすごい勢いで雨が降っていたなとか、そんな感じであった。
毎日毎日晴れてばっかりでもきついものである。ほんの少し前まで梅雨で毎日毎日雨が降っていてうんざりしていたけれど、今度は毎日毎日カンカン照りの快晴続きで、それはそれで嫌なものである。ちょうどいい塩梅というのはないのだろうか。まあないだろうな。ないんだろう。


今の職場のエアコンが年代物で、なんとエアコンそのものの排熱装置が付いていないのでエアコン稼働時はエアコン背面の窓を開けないといけないとかいう代物である。要するに空冷式なのだ。窓を閉めた状態で使うとたぶん爆発するだろうと言われたが、年代物のエアコンってそんな感じのものだっただるか。よくわからない。おまけにこのエアコンにはついているはずのリモコンがなくて(もうとっくの昔に無くなったらしい)、本体についているボタンを押すことでしか調節ができない。一つしかないボタンを押すたびにランプが赤になったり緑になったりしていろいろエアコンの動作が変わるのだけれど、どの色がどんな機能だとか、何回押したら変わるのかとか、そういう情報が一切わからないのでずっと手探り状態で使っている。
窓を開けて使うので、虫とかが入ってこないように隙間はゴムの何かで遮られているけれど、そもそもそんな窓を開けているような状態で涼しくする効果があるのかいまいちわからない代物である。

ビルで集中管理しているエアコンがそれとは別にある(ならなおさら存在意義のわからないエアコン)から多少涼しくは感じるけれど、それだけでは足りないのでむりやり空冷式エアコンも稼働させているが、外気冷却をしなくてはならないようなエアコンに効果があるのかよくわからないまま今日に至るのだ。
それでまあこのエアコンを稼働させているときはとにかく外の音が聞こえてくる。窓が開いているのだから当たり前だ。運の悪いことに隣の隣でビルの検察工事をやっているので、結構外の音はうるさい。ついでにエアコンの稼働音も過剰にうるさい。うるさくてちょっと大きな声で話さないと離れたところにいる人には声が通じないことだってある。そんな環境で電話なんてしようもんなら「そっちなんかうるさいね」なんて言われる始末だ。もちろん雨が降るとすぐにわかる。すごい雨だな、ということがすごくよくわかる。これたぶん雷だったらものすごいうるさいんじゃないかな。今回は台風に伴っての雨だったけれど、ゲリラ豪雨とか夕立とか、そういう雷がゴロゴロ来そうな雨が降るだろうし、そうなったらどんな音がするのだろう。もっとも音なんかよりも停電の心配をしなくちゃならなそうだけれど。

家にいるときは、雨の音はベランダの手すりに雨が当たる音ですぐにわかる。金属に雨粒が跳ね返る音がすると、あ、雨だな、と気が付くのだ。カンカラカンカラカン、と軽快に音がするのが少し可笑しくもあるが、たいていは雨が降ってきてしまってがっかりした気持ちとともにその音を聞くことになるので、ちっとも笑えはしないのだ。

お盆


今年はこのお盆に休みを1日だけとった。会社的には4日分夏季休暇があるのでお盆に全部入れれば9連休になるのだけれど、運悪く忙しい季節に当たってしまって取ることができなかった、というのが実情だ。とはいえ、3連休にくっつけたので事実上の4連休である。海外旅行の予定はないのでそれでとりあえず十分休んだ感はある。ちゃんと旅行にも出かけたし、(休んでいる予定はなかったが)4日目はずっと家にいた。これに加えて月末の夏季休暇が土日+3日の休みをあわせて5日分あるのだからお得である。

結局月末に夏季休暇の残りの3日分を取得できるし、そのうちの1日分が9月に入っているので、8月の稼働時間が減るのを多少抑制できる。これは結構大きい。4日分まとめて休むとどうしても8月に全部負担が行くのである。営業でいうとノルマが月ごとにあるならば稼働日が少ないと結構それが致命傷になったりするだろうし、つまりはそういうことで9月に1日でもばらけさせるということにはそれなりに意味のあることなのだと思う。まあ別に稼働時間が低くて怒られることはないし、残業代は稼働時間と別でちゃんと出るのでいいけれど、例えば夏季休暇目的以外での突発的な休み(体調不良とか)が取りにくくなるので、ばらけさせたほうがいろいろお得なのだ。


お盆休みに仕事をするというのはそんなに嫌なことではない。このくそ暑い中外出しなくてはならないのはお盆であってもそうでなくてもあまり変わらない。逆に電車が空いているので多少快適に通勤できるというもんだ。今私服で仕事をしているということもあって、お盆なのに働いている、とか、休みの中スーツで、とかそういう思いをあまりしていないからというのもあるだろうか。
私服で空いている電車に乗っていると、今出勤途中であるというのを忘れてしまいそうになる。いつも満員の電車なのに、うっかり座席に座れてしまったりするとなおさらだ。変な感じがする。仕事のはかどり方も別にいつもと普通だ。ちょうど忙しい時期ということもあって、仕事相手もみんな働いているからだろう。面白い。周りみんなが休みで、例えば取引先が休みで、とかだったらきっといろいろ面倒くさいなと思うだろうけれど、まあそういうこともない。ただ世の中が少し空いているだけ。


さあもう少しでお盆期間も終わる。暑い時期を乗り切れば、私の夏休み第二弾がやってくる。それまで頑張ろう。もう完全に夏バテしているけれども。

 

熱中症が遅れてやってきたので1日家にいました


昨日はずっと屋外で活動していたので、それはもう汗をかきまくったわけだ。強い日差しのなかにもずっといた。実に夏、それも夏休みっぽい感じの過ごし方だと思う。よく晴れた、蒸し暑い一日だった。
暑い暑いと飲み物をがぶ飲みし、汗でとんでもないことになった服を着替えたりして、なんだかんだ言いながらも昨日は無事に乗り切ることができたわけだ。暑い日の木陰ってありがたみがすごい。直接日に当たらないというだけで、それだけでも価値がある。日向と日陰では夏と真夏くらい違う(?)と思うくらいには日向が熱かったのだ。
暑さにへばっていたので気が付かなかっただけかもしれないが、足とかはそんなに痛くなっていない。そこそこ歩いたような気がするものの案外足の筋肉は頑丈だったようだ。頑丈じゃなかったのは体の体温調節機能のほうである、汗をかきすぎて完全にぶっ壊れてしまった。冷房の効いた車の中で体が冷えすぎて慌ててシャツを着替えたりしたのだけれど、どうもとっくに体にダメージが加わっていたらしく、今朝起きたときものすごい頭痛がしたのである。


遅効性の熱中症みたいなものだろうか。あるいは日焼けしすぎて体に熱がこもってしまっていたのが原因だろうか。頭が痛くて今日は一日中家にいた。外に野球を見に行くという用事もあったのだけれど、さすがにパスしてしまった。外に出ている場合ではない。ドームならぎりぎり何とかなったかもしれないけれど、運の悪いことに明日が仕事なので、またやらかすわけにはいかなかったというのもある。

私の趣味は外に出かける系のもの以外は大抵目を使ったりするので、頭が痛いと何もできない。何もできないままずっとぼんやりして過ごした。
まあなんかそれも夏休みらしいといえば夏休みらしい。何もすることがない休日が続いたとき、この機会に色々片付けてしまおうともくろむ者の、結局何もせず、昼寝ばかりしてぼんやりと過ごしてしまう。そういう日も必要だ。後からちょっとだけ悔しく思うのだけれど、きっと毎回休みのたびにしゃっきり動いて出かけていたら疲れてしまうだろうしね。あと、出かけた翌日を休みにしておくというのは良いことである。仕事も多少疲れていたり眠かったりしても、今は例えば車に乗って仕事をしたりしていないので何とかなるもんである。それでもまあ休みがあるには越したことはないよね、ということである。
図らずも今日がそんな出かけた後の休息用の休みになってしまった。

暑い日が続く上に、台風とかもあるので、この後も体調を崩さないように気を付けたいものである。

 

夏の腕時計

 


時計というと、それだけではいろいろな種類がある。前に時計博物館(松本市)なる場所に行ったことがあるが、かなり古いものから最新型までいろいろ種類があるもんだと驚いたものだ。

ただまあデジタル時計の発展形というか、今の時代スマホで時間を確認するようなことはかなり増えた。私の場合は朝起きるときの目覚まし代わりにも使っている。昔は目覚まし時計を使っていたのだけれど、それが壊れたから新しいものを買っていない。旅行先とかでも普通に設定できるし、ホテルや旅館の備え付けのアラームやモーニングコールなんかは結構面倒くさいから(関係ないけれど外国でモーニングコールを受けると寝ぼけているのもあってすごいビビる)。スマホを見れば時間もわかるし、まあそれでいいか、とはなるわけである。

 


腕時計は持っている。持っているし使っている。外出時には必ずつけていくが、昨今のこの暑さの中にあって、汗をかいてしまうのが辛いところではある。幸い、光で充電して使うタイプなので暑くてまぶしいような外でずっと付けていても特に問題はないのだけれど、でもまあやっぱり腕時計はすごく汗をかく。これは夏とかだと仕方がないことなんだけれど、例えば歩いているときは付けていても、電車に乗って座ったりするとしばらく外したりする。腕時計も自分の腕も両方乾かしたい感じがして。

腕時計はなんとなく精密機器感が薄いのもあって、身に付けるものだし汗で濡れても乾かせばいいかな……と思ってしまうが、これが例えばApple Watchとかだとどうするんだろう。濡れたり熱くなったりしたらもっと良くない気がする。本質的にはそんなに変わらないのかもしれないけれど。

どっちにしても、汗をかいたり陽に当たったりして、結構使用される環境が過酷な割には報われない、そんな腕時計である。腕時計のところだけ日焼けしていなくてくっきり跡が残ったりするので、間違いなく爪痕は残しているんだけどね。

 

 

 

そういえばPCを扱うときなんかも腕時計は外す。ノートPC限定の話ではあるが、キーボードで打鍵する際には私は手首を置くタイプであるので、早い話が腕時計が当たってしまって邪魔になるのである。ともすれば時計やPCが傷ついてしまいそうであるし、仕事中は会議の時なんか以外は基本的に腕時計を外してしまっているのが現状だ。

腕時計だがほとんど置時計。机の上に時計があるとそれはそれで便利なので、用途に合わせて使い分けるのがいいと思う。腕にずっとあるのが自然なんだろうけれど、邪魔になるくらいなら活用した方がずっといいと思う(光で充電するタイプならなおさら置いておく時間も必要だ)。何かしら試験とかの時はそもそも電子機器は使えないので腕時計でないと厳しいだろうし、活用するにはしているのだ。

 


だからこそ、壊れてしまった時、家とかに置き忘れてしまった時、意外とそのありがたみがわかったりするものである。

腕時計は習慣だ。ある時よりもない時の方がずっとその価値がわかる気がする。

 

新幹線自由席にて

混雑時の新幹線の自由席ってとんでもないな、と思っている。現在進行形で思っている。今日は8/9、明日から3連休という金曜日だ。いわゆるお盆休みの時期であるから、3連休の後の平日を休んで9連休にする人も居るだろう。明日から出かける人もいるだろうけれど、今日つまり金曜日の夜から出かけて行く人もとても多いわけである。今まさにそれを思い知った。2.5時間立ちっぱなしである。まあそういうこともある。指定席を確保していないから。

私はといえば明日からゆっくり出かける予定だったのだが、「金曜日の夜から出かけたら休みが増えた感じがしてお得だな」と似たようなことを考えて、急遽新幹線乗車が決まったのである。とはいえ普通に昼間は仕事なので、終わり次第の乗車である。何時の列車に乗れるかわからないという状況だったので指定席券は買わずにいたのだが、そんなぼんやりした考えで駅に向かったら既に「本日分の指定席完売」の掲示がなされていたところだった。

指定席完売。今日のうちに目的地に向かわなくてはならないので、それなら自由席となったわけであるが、まあ空席があるわけもなく。昼間なら何本か待って乗ればいいのだが、あいにくもう夜である。ぼんやりしていたら新幹線そのものが終電を迎えるだろう。すなわち目の前の列車に乗り込むしかないということである。

 

自由席の混雑は途方も無いものである。まずホームに人が溢れかえっている。ドアをすでに開けているというのに、もう人が乗り込めないのだ。満員電車のそれである。ドアは開いているが乗り込む隙がない。

始発駅でこれなんだからもう誰も乗れないのでは? と思いつつ、仕方がないので指定席車両のデッキへと向かう。指定席車両は基本的に自由席特急券では乗れないのだが、混雑時は別だ。もちろん座席には座れないが、通路に立っていることはできる。

ちなみに指定席のデッキや通路を解放するかどうかはその列車の車掌に権限があるので、車内放送なりなんなりでアナウンスがあれば乗っていても咎められることはない。逆に言えば特に解放の指示がない場合は咎められる場合があるということだ。まあ自由席に空きがないくらい混んでいたら物理的に指定席の方に溢れるので、指定席のデッキや通路を使わざるを得なくなるだろうけれど。

なので混みそうな時期に指定席を買う場合は、自由席からできるだけ遠い車両を選んだ方がいいと思う。新幹線で何時間も自分の横に立っている人がいるのって、普通にきついと思うので。暑いし。

そうは言っても、新幹線は新幹線であることに変わりはないので、例えば在来線特急のそれと比べればだいぶマシではある。山陰本線で2両編成しかない特急列車の自由席で立っていた時は、右に左に振られてかなり大変だった。新幹線は偉大である。

ところでまだあと1.5時間くらいはこのまま立ちっぱなしなのだけれど、いい加減やる事もなく飽きてきた。本当は駅弁でも買って車内でゆっくり食べる予定だったのだが、それは指定席が完売しているのを見た時点で諦めた。

 

食事を封じられると案外暇なのだ。人が多くて電波もそんなに良くないし。

こうしてブログを書いてるのが一番時間を使う暇つぶしなのかもしれない。

 

寝違え

重いっきり寝違えた。
寝違えってのは唐突にやって来るもんだ。寝ているときにきっと変な姿勢で寝て居tんだろう。暑いからね。暑いから寝相も悪くなってまあぐるぐるいろいろ動き回りでもして、ある瞬間深い眠りに落ちたのだろう。変な姿勢のままで。そういうもんなんだ。

早朝、うすぼんやりとした意識の中で、自分の体が横を向いていることに気が付いた。これ自体はよくあることだ。一番多いのは腕が頭の下敷きになっていて、しびれてしまって感覚がないパターン。これは結構焦る。自分の体なのに自分の体としての感覚がないのは結構ビビる。頭をどかすと血流が戻るのだけれど、その時のなんか血が通うような感覚は、不思議なものを感じるものだ。寒い朝によく起きるような気がするから、冷えているのがいけないのかもしれないな。
寝違えている時というのは、感覚自体は普通に生きている。ただ、なんかちょっと変なほうを向いているな、とか、変な格好をしているな、という違和感を覚えるのである。この時点ではまだ体は痛くない。実際には、その姿勢から体をもとの楽な姿勢へともどそうとしたときに、長い時間変な姿勢を続けていたために凝り固まってしまった部分が一気に解放され、そのまま耐え切れず傷ついてしまう。これが寝違えの原理だ。つまりまあ、起きた瞬間、起きて動いた瞬間の動作こそが寝違えの最後のトリガーなのである。

いつも思うのだけれど、じゃあ凝り固まってしまっていることに気づきでもしたら、ゆっくりと時間をかけてほぐしながら起き上がれば痛みを感じずに済むのだろうか。無理だろうな、とはうすうす思っている。なぜなら朝方の眠りが浅い時間にも、すでに体が動いているからだ。起きたときに動くから痛むのだというけれど、私はもう起きるその瞬間より前に体を動かしてしまっているような気がする。起きた時にはもう痛い。


そういうわけで寝違えのせいで、首の後ろから右側にかけてがすごく痛い。名前を呼ばれてもスムーズに振り向けないのはもとより、例えば仕事中にちょっと休憩がてら伸びをしようというそれもままならない。ずっと下を向いていたりずっと上を向いていたり、そういう時の痛みとよく似ている気がするな、と思いながら、ずっと前を向いて、呼ばれたら体ごと向くようにして、そうして一日を過ごした。
寝ようとしても痛い。やっぱり布団の上でもある程度体は動かすものだ。枕の上で自分の場所を探す、それさえもままならないのは何とももどかしい。眠いけれどあまり痛くすると目が覚めてしまいそうだ。

まっすぐきれいな姿勢で、動かずじっと眠りに落ちることができればいいのだろうけれど、どうもできないな。

プロ野球選手でも、投手が登板回避するときの理由として寝違えという理由が出てくるので、まあ防ぐのって結構難しいんだと思う。どうしたらならないで済むのかな。