言葉のリハビリ場

好きなことや思い出したこと、忘れていたこと、つらつらと文字にしています。

そばかうどんか

そば派かうどん派か。今の話をすれば、正直どっちも好きだと答えてしまう。どっちも好きだし、どっちも良く食べる。立ち食いならそばが多いけれどそれは関東にいるからであって、関西方面や九州に行けば立ち食いも基本的にうどんである。店に入って食べる時もほぼ同様のことが言えて、関東か関西かによってうどんが多くなるかそばが多くなるか多少ぶれるというくらいであって、どちらも等しく好きであると言える。

小さい頃は、完全にうどん派閥の人間だった。というより、そばがあまり好きではなかったのかもしれない。
原因は完全に家で食べる乾麺を茹でたあのそばで、あれが本当に好きではなかった。原因はいろいろあってまったく冷たくなくてぬるかったからとかあるのだけれど、それ以上に私は乾麺なら圧倒的にそうめんが好きだったので、そばの日はもはや「ハズレ」だと思っていた。未だに乾麺の麺のそばはあまり好きではない。立ち食いそば屋で出てくるような麺とそうクオリティは変わらないどころか、下手するとそばの含有量としては圧倒的に乾麺のほうが上である気がするけれど、それでもどうも好きになれずにいる。美味く思える食べ方があるだろうか。

対して、うどんは幼い頃の我が家で食べることはほとんどなかったように思える。母親が圧倒的に乾麺のそばが好きだったからだ。そうめんはせがんで出してもらっていたが、うどんはそもそもあまり食べるイメージがなかった。食べても焼うどんである。
ところがまあ、外食をするようになるとうどんは非常に安いので財布の事情的にも安くてお腹一杯になるうどんというのはとても嬉しいものであるので、良く食べるようになった。そばがそこまで好きではないと自分で思っていたので、うどんばかり良く食べていたように思える。

そばが好きだと思ったのは、立ち食いそばを食べるようになってからだ。からあげそばやコロッケそばと言ったものに出会ってからは、なんだかうどんでもそばでもどちらも大好きだと思うようになったのである。
どういう変化があったのかよくわからないが、そばに関しては「家で食べる乾麺の呪いからの脱却」だと勝手に思っている。あれから離れれば離れるほど美味しく感じるし、逆に近ければ近いほど家のそばを思い出して嫌な気持ちになる。1度だけ本当に家で食べるのと同じ味のそばに出会ったことがあったので、あれはたぶん同じような乾麺を同じように茹でて出されたものなんだと思うことにした。


ところで、日本三大そばというのは出雲、戸隠、わんこ(岩手)そばであるらしい。それに加えて、江戸そば御三家と言うのがあってこれは更科、藪、砂場であるらしい(砂場は大阪)。結構明確に名前が出てくるものの、日本三大うどんとなると三大なのに6つくらい名前が挙がるから面白い。讃岐や稲庭は不動のようだが、3枠目が五島(長崎)、氷見(富山)、水沢(群馬)と諸説あり、最近は面倒くさくなったのか5大うどんと呼ばれているのだとか。それだけいろいろ地域性や特徴なんかがあるということだろう。
うどんもそばもいろいろ地方によって違いがあって面白いので、旅行の時とかに積極的に取り入れて行きたいと思う。うどんとそばだけではなくて、あまり外で食べたことのないそうめんも旅行先で食べてみたい。考えれば考えるほどいろいろ湧いてくる、麺類はげに恐ろしきものなり。

食べものマイブーム

食べ物にはマイブームがある。一定の期間で、なんだかずっと食べ続けてしまうような現象だ。例えばグミとかはよくブームがやってきて、果汁グミとかをいくつもまとめて買ってきて、1日1袋くらいのペースで食べたりする。
どうも私はそうでなくとも同じものを食べ続けてしまうきらいがある。だから昼ごはんとかは気を付けて毎日違うものを食べるように心がけているけれど、うっかりお金がないとかそういった事情が絡んでしまうと毎日かけうどん280円を食べ続けるとか、平気でそういう事をする人間である。かけうどん280円なんて普段はそこまで好きではないような気がするのに、久しぶりに食べてみたらなんだかすごく美味しく感じて毎日食べてしまうわけだ。ブームと言うのは何がきっかけでやってくるかわからない。金銭的事情からたまたま久しぶりに食べただけなのに、妙に同じ味を同じように求めてしまうようなことがあるわけである。学生時代も、近くにあったカレー屋に狂ったように通ったことがあった。お昼を学内で食べるには混みすぎていて大変だったとかそういう事情が絡んでいるのだけれど、500円で本格的なナンとカレーを食べれるということで、飽きるまでしばらく同じものを食べ続けていた。同じ理由でほっともっとの「のり弁」を食べまくっていたこともある。

……なんだか、これだけ聞くとただの貧乏性な気もするが、それは否定できない。高いものはハマってもそんなに高頻度では繰り返せないから仕方がない。好きな店とかそういうのはあるけれど、狂ったように続けるにはお手軽でなくてはならないのだ。
どうしても毎日となると、店なら安価なチェーン店であったり、ものであれば果汁グミみたいな大人買いしてもちっとも財布が痛まない物が良いのだろう。どんなに寿司にハマって毎日食べたい食べたいと願ったところで、コンビニでねぎとろ巻を買って食べるくらいが関の山である。


一時、梅干しに馬鹿みたいにハマったことがあった。あれは非常にコスパがよい。ちびちび食べてもちゃんと味を感じられるから、一気に食べるようなことがあまり出来なくて良い。満足感があっていいのだ。何か見ながらの「ながら食べ」でもそんなに量を食べまくってしまう心配がなくて良いのだ。梅干しは飴やグミとは違って無限に食べ続けるのには抵抗がある。
これは良いものだと思って毎日2個ずつくらい梅干しを食べていたのだけど、ある時急に飽きてしまって自分でもびっくりした。
普段梅干しはそこそこ口にするけれど、さすがに毎日コンスタントに食べるのはなにか行けなかっただろうか。
塩分が多いから身体の方が拒否したのか? 理由はよくわからないけれど、梅干しはドハマりと絶縁と通常の状態とを比較的大きな波形を作って繰り返す食べ物なんだと、私は一人で勝手に納得することにした。

マイブームもいいけれど、毎日毎日同じものを食べ続けるのは身体にとって決して良い事とは言えないので、辞め時がきたと思ったらきっぱりやめる、それでいいんだと思う。意地になってもどうしようもないから。

サイドメニューが好きだって話


サイドメニューを頼んでいる時の、ちょっとした贅沢をしているような感覚が好きだ。例えば、ラーメン屋。いつもはラーメンだけ頼むのだけど、今日は給料日だから餃子を一緒につけよう。あるいはトッピングとかをちょっと豪華にしよう。牛丼屋でいつもは牛丼だけをささっと食べて出るところを、今日は豚汁セットにしてみよう。いつも頼んでいるものでないものの冒険と言うよりは、いつも頼んでいるものからの発展形だと思っている。いつも普通だからこそのちょっとした特別感。それが好きなのだ。

もはや習慣化しているのは、回転寿司で卵焼きとみそ汁を頼むこと。寿司も大好きだけれど、寿司屋のサイドメニューってなんであんなに美味しいのだろう。寿司を食べている時にちらりと目に入るあの一品もののそそられることそそられること。いつか値段の書いていないような回らない寿司屋に入って、大将のお任せとしていろんな寿司と一品ものを組み合わせてゆっくりと楽しみたい。それが将来の夢である。
とはいえ将来の夢は一旦手が届かないものなので、それはそれとして今は今の楽しみ方があると思うわけである。最近、金目鯛の煮つけを安価で提供するお店を見つけて、その店ではそれを頼むようなこともあるし、探せばいろいろあるものだ。値段的に考えれば寿司を食べる分をそのままサイドメニューに回しているだけなのでそんなに贅沢ではないなのだけど、どうも気持ち的にはサイドメニューを頼む心地よさがあるらしい。
他にも茶碗蒸しも美味しいし、正直デザートとかも美味しいよねと。そう思うわけですよ私は。


焼肉屋で肉だけで腹いっぱいになりたいとか、寿司屋なら寿司で腹いっぱいになりたいとか、そういう考えも良くわかるけど、どうも私はいろいろオプションを付けるのが好きなのだ。
ラーメンを大盛りにするよりはチャーシューのミニどんぶりをセットにするタイプ。わかってくれる人もいると思う。


ちょっと違うけれど、バイキング形式のものは結構危ない。大人数で行く食べ放題ではちょっと自制が効くのだけれど、一人で食べるような、例えばホテルのバイキングとかは危ない。ついついいろいろなものを食べようと無意識のうちに頑張ってしまうから。
一つ大きなものをメインに据えて、おかずをいろいろとっていたはずなのに、いつの間にかそのメインがぶれてしまう。一人前のご飯をちゃんと盛ったのに、後から見つけた釜揚げうどんに手を出しているような、そんなこと。ビジネスホテルにビジネスで(出張で)泊まってたらなかなか出来ないよね、とか思うとついついやってしまう。小さな贅沢を感じる以上に、腹まわりが危ない。

でもしょうがないのだ。串カツの店でたのむ土手煮は異様に美味いし、焼鳥屋で食べる釜めしも絶品である。松屋でカレーを食べるのは牛丼とカレーって書いてあるからまあ大丈夫かもしれないけど、サイドメニュー的な感じかと言われればたぶんそう。よくよく思い出してみたら、からあげ弁当の店でタルタルチキンカツしか食べてなかったりしたのも似たような感じかもしれない。

お店としてはサイドメニューを食べて単価を上げて欲しいとか、メイン以外のものを食べて飽きないように何度も通ってくれとか、そう思っているのであれば、たまの贅沢も報われるものである。

飲んだ後のおにぎり

飲んだ後に食べるおにぎりって美味いと思う。
過去に似たような記事を書いた覚えがあるけど、改めて思ったのでまた書いてみた。

 

fwbc0416.hatenablog.com

 

飲んだ後の定番と言えばラーメンだろう。あるいはそばでもよい。妙に食べたくなって飲んだ後にふらふらっとひとり店に入ってしまう、そんな存在だ。

なんとなくまだ物足りないな、とか、まだいけるな、という時に食べに行くものだけど、食べたいと思う気持ち以上に、実はお腹が膨れている場合が多いのだ。飲み物の摂取のしすぎで食べてないのにお腹が実は膨れているパターンがそれに当たることが多い。
頼んでいる時は「そんなに料理は食べてないから1杯余裕で食べられるな」とか思って頼むのに、いざ食べてみると思いのほかお腹がいっぱいなのである。お酒のせいで自分のキャパシティの感覚がおかしくなっているのだ。まだまだ食べられますよ感があるのに実際はそうでもない。だからうっかりラーメン1杯普通に食べてしまうとお腹がいっぱいいっぱいで辛くなるのだ。

 

だから最近は締めにどかっとラーメンなりなんなりを食べるのはやめて、帰りがけにコンビニに寄っておにぎりを買うようにしている。梅とか昆布とか、具は何でも良いけど、ちょっとしょっぱそうなおにぎりをえらんで買って帰る。それくらいでちょうどいい。
旅先ならそこに味噌汁が加わることになる。味噌汁を飲んで、おにぎりを食べて、風呂にでも入って寝る。良い時間である。旅先のいいところは帰らなくていいところだから、寝る前にまたゆっくり出来て良いものである。

そうすると翌日がずいぶん楽だ。食べすぎで既にお腹を壊してる場合はどうしようもないけれど、おにぎりの1つくらいなら過剰に食べ過ぎる心配もなくてちょうど良い。


ちなみに、飲んだ後のおにぎりがポピュラーな場所もある。岩手県奥州市の水沢という所には、飲んだ後専門のおにぎり屋があるのだ。昼間は開いていなくて、夜になって開店するおにぎり屋。飲み屋が密集する一帯に立地しているので、客層は基本的に酔っ払い。メニューはおにぎりとみそ汁、それにお酒が少しあるだけ。その代わり選べる具はいろいろで、寿司屋のように目の前で具を注文して握ってもらうスタイルである。塩気がきいていてとても美味しいし、まさに飲んだ後のためのおにぎりになっている。持ち帰りも受け付けているので買って帰る人も多いとか。あんな店が家の近くや会社の近くにあったら通ってしまうだろうなぁとついつい思ってしまった。


ああもう、そうやって締めの炭水化物を減らしているのに、最近は太る一方だから困ってしまう。どう考えても増えたのは酒量である。炭水化物もさほど減ってはいない中で、酒量が増えていて痩せるわけもないし、代謝も落ちてるんだろうなとちょっと悲しくなる日々である。
月末の健康診断が少し怖い。

 

ビジネスホテルの特典


ビジネスホテルの会員制度というのは大抵、会員価格で宿泊できるといった特典が多く、基本的には泊まれば泊るほどお得になる物が多い。

一番分かりやすい例は東横インの例だろう。東横インは10泊すると1泊無料になる。実にシンプルな制度だ。出張でよく東横インを使っていたこともあり3ヶ月くらいで1泊無料の権利をもらうことができた。ハードユーザーには嬉しい特典である。経費を清算する上で「領収書払い」ではなく「宿泊証明書」を添付したうえで「宿泊日当」をもらう仕組みになっていたので、会社の出張で無料宿泊をしたうえで通常通り宿泊日当をもらうということも可能だった。具体的な額は言えないが、まあだいたいビジネスホテル一泊の平均くらいの額である。泊まっていないのに泊まったことにして経費申請すれば立派な横領であるが、制度上正式に宿泊したうえで宿泊料が0になっているだけなので、若干グレーではあるが普通にそういうことができるのは出張時代の良かったことの一つである。

アパホテルでは、会員に「アパカレー」を配るサービスがあった。今は行っていないようだが、一時は泊まる度にアパの社長の顔写真入りのレトルトカレーをもらうことができた。いやまあ、美味しいカレーではあるのだけど毎度毎度貰うとさすがにいらないと思った記憶がある。普通にかさばるし。今でもやってる店舗(という呼び方でいいのだろうか)があるのかわからないが、たまになら欲しいと思う。
アパホテルは1泊でもするとその瞬間から勝手に会員証を渡される(=入会する)ことになるので、会員数は結構多そうだ。会員であれば多少安く泊まれるのと、あとはポイントがたまったりするわけだけど、アパはあんまり泊まれば泊るほどお得! 感はないように思える。それ以上に繁忙期の値段が異様に高いからお得感が薄すぎるんだと思うけれど。

ちょっと複雑な仕組みになっているはコンフォートホテルである。会員制度にランク制が導入されているのである。会員になればいろいろ割引クーポンとか、アーリーチェックインとかそういうサービスが付帯されるのだが、ゴールド会員になるとクーポンがちょっと多くなったり、チェックインの時にビールか水をもらえたりする。それくらいの差である。値段とかは会員であれば一律だ。
ゴールド会員になる条件は、前年度に獲得したポイント(choiseと言う)が300を終えていた場合であり、つまりそれは使った金額にほとんど比例するものである。5000円で20choise溜まるようで、それを15泊くらいすれば溜まる計算になる。
私の場合は昨年度異様にコンフォートホテルに宿泊しており400くらい溜まっていたようで、気がついたらゴールド会員になっていた。
今年はたぶん200くらいの着地になりそうなのでゴールド会員ではなくなるが、なくなったところで失うのはチェックイン時に貰える水くらいなので、そんなに悲しくはない。特典がもう少し使えるものだと頑張るかもしれないけれど、今年度は出張なしに10泊くらいしてるんだから大したものだと思って欲しいくらいだ。安く泊まれば泊ったほどポイントがもらえない。ポイント全般に言えるあるあるだろう。


他のホテルにもいろいろ特典はあるだろうけれど、ちゃんと会員になっているホテルは上記の3チェーンなのでそれ以外の事は良くわかっていない。一応「ヴィアイン」とかは会員にはなっているんだけども、JR西日本系列と言うこともあって作ってから利用していないのがちょっともったいないところだ。無料で会員になれるのだから良いのだけどね。

記念硬貨の使い道

 

先日、ひょんなことから記念硬貨なるものを貰った。
天皇陛下御在位30年の記念の品だそうで、表記の価格は500円。販売価格も500円。500円のものを500円で販売しているのだから非常に健全である。商売としてはどうなんだか知らないけれど(差益的なものが存在するのかどうかなんて知る由もない)、実際に500円として使うこともできるという事から考えてみても非常に妥当な処置なんだと思う。500円玉を500円以上の値段を付けて公的な機関で販売することは、500円玉の500円という価値そのものを歪めているような気がするので、まあそういうものなのだろう。

そんなわけで記念硬貨を頂いたのだけれど、いったいぜんたいどうしておいたら良いものなのかが思いつかないのだ。これがもし純金製とか純銀製とかの高価格な代物であれば、購入と同時に展示や保管用の入れ物が付いてくるのであろう。新聞に掲載されている広告なんかで目にしたことがある。でも500円のものにはそれがない。いやあったのかもしれないけれど、いかんせん貰い物なので本当にはいよと手渡しで素のまま貰ったような状態なので何もない。どうしたらいいのかわからなくてとりあえず今は机の上に置いてある。袋とかに入れてしまい込むのが良いのか、それともどうにかして飾ったりした方が良いのか分からないのである。

選択肢はもちろんそれだけではない。500円の記念硬貨であるので500円の価値が保障された硬貨であるという事は既に述べたわけだが、ではこれを飾ったり保存したりせずに使ってしまうという選択肢ももちろんある。
あるけれど果たして使うような事があるのか、そもそもどこで使用出来るのか。

日銀(日本銀行)のHPではちゃんとその辺の解説もしてあるので気になる人はぜひ読んでみて欲しい。書いてあることをざっくり要約すると「普通の500円玉と同じように使えるけどATMや自動販売機なんかには入らないし、お店でも受け取り拒否されるかもしれないから銀行と可で換金してね」だそうである。
確かにATMや自動販売機、あとは食券機だろうと券売機だろうと皆入れられる硬貨の指定がなされているものばかりである。自動化されているものは基本的に1円や5円ですら使えないことが多い。お釣りの問題というのもあるし、機械自体がイレギュラーに対応できるようになっていない。
レジなんかもそうで、自動化されたレジではほぼ使えないだろう。レジスターを手動で解放できる(お釣りの補充をしたりイレギュラー対応をするため)ものがほとんどだろうけど、まあ記念硬貨を受け取ってもらえる気はしない。自分が店員だったら戸惑うと思う。いくら価値がちゃんとある硬貨だとしても、それが本物かどうかなんてわからない上に、銀行で入金する手間とかを考えたらまず受け取らないだろう。

しかしどうしても受け取ってくれ! 使わせてくれ! となったらいったいどうすればいいのか判断出来ないかもしれない。「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」で有名なのは「貨幣は、額面価格の20倍までを限り、法貨として通用する」(第7条)という項目だけど、記念硬貨は1枚だし実際受け取り拒否ができるのかというと良くわからない。詳しく調べてみると前述の法律の第5条に記念硬貨も貨幣として認めるという記載がしっかりあるものの、通貨がもつ強制力というのは取引や契約上で無制限に発揮されるものではないという話もあり(主に民法上)正直良くわからないのが実情だ。だから本当に使いたいと思ったらまず比較的公的な機関として銀行に換金をお願いしに行くのが手っ取り早いということであろう。
そうまでして使いたい、使わなければならないという状況が恐ろしいが、いつどこで必要になるかわからないのがおだと思っているので、一応覚えておこうと思う。

ただまあ、記念硬貨を日常生活で使おうだなんて思う事はたぶん来ないので、どうやって取っておくかを考えておくことにしよう。
ちなみに私の祖父は焼のりを食べた後に空いた缶の中に硬貨をたくさん貯め込んでいる。記念硬貨も多分一緒に入っている。
それは一体どうなんだろう。

 

印鑑


印鑑を押すのが苦手だ。

社会生活をしていく上で、印鑑を押すという機会は山ほど発生する訳だけど、どうも押印技術が向上しないのである。認印はかなりその傾向が強く、印鑑というよりはスタンプに近いようなもの、例えば日付と名前の入っているタイプの印鑑ですら得意ではない。ずれるしにじむしかすれるし欠ける。下敷きを引いてみてもそういうことではないらしい。もちろんないよりあった方がいいけど、あってもミスするときはミスする。それはもう押した瞬間というか、紙に触れるコンマ1秒前くらいにはもう「あ、これずれるな」と分かってしまうのだ。

上手に押せるのはあの黒いシャチハタ(シャチハタ株式会社のシャチハタ)とか、100円ショップに売ってる最も安いなんかよくわからないネーム判くらいである。あれは特に気を使わなくてもずれることはないし、気を使うような場面ではそもそも押さないわけである。だからどうってことはない。

認印以上のものが要求される場合は大抵重要なものが多い。重要だから印鑑が要求される。例えば家を買おうと思ったら実印を作らなくてはならない。店を経営しようと思っても多分同様に実印が必要となるだろう。
銀行に行って振り込みがしたいです。じゃあ認印を押してくださいね。ミスしました? じゃあ訂正印を押してくださいね。二重線で消して、訂正印を押してください。
書類にもよるけど、訂正印を押したうえでさらにもう一度認印なりなんなりを押さなければいけない場合があって、ミスすればするほどそれが増えて行く。
印鑑を押し間違えて何度書類を印刷したことか。紙の無駄から一発でやれって? わかってんだよそんなのは。それが出来ないから困ってるんだよ。

場所のミスはほとんどなくても、にじんだりかすんだり一部が欠けてしまったりと、看過できない場合それはすぐにやり直しになる。唯一無二の契約書類の類は、印に二重線を引きその上から訂正印としてシャチハタを押すとかいう意味のわからない状態になるわけである。そのシャチハタすらいまいち真っ直ぐ出来ていないとなるともう最悪だ。自分と自分の会社とかなら多少のミスでも大目に見てくれるかもしれないが、客先との契約書類だとかそういうものだとどうしていいものか。
契約の問題なのでつまり仕組みの問題だから仕方がないのだろうけど、本当に印鑑でやり取りするシステムが速く衰退して欲しいと心から思う。

あとは訂正印のシステムが本当に嫌い。間違えた個所に二重線を書いてそこにもう一度押印するあれ。
文字の書き間違えとかだけじゃなくて、印鑑のミスでも同様に訂正印が認められているからもう見た目がおかしくなっていくわけで。それに記入者(あるいは押印者)の印鑑でないと訂正したことにならないとかそういうのは、後から見つけた時に本当に本当に面倒くさいので嫌なんだよ。気づいた人に直させてくれよ。それじゃ意味がない事はわかってるんだけどさ。わかってるんだけどそれでも自分の印のミスがなくても、相手の文字の訂正があれば相手に印鑑を貰わなければならないわけで、そのためにまた電話を掛けてアポイントを取って、実インが必要であれば実印が必要な旨を再度伝えて、そうしてようやっと出向くわけであるからさ。何なんだよってなるわけよ。
それで往復400kmも掛けて車で往復してくるなんて馬鹿みたいな話だ。都心の会社同士のやり取りならどうってことはないけど、遠方とのやり取りになればなるほどこのあたりのやり取りは本当に煩わしい。たかが印鑑のために合計4時間もかけて行くとなれば、印鑑を押す時の手が震えて震えて止まらなくなるのも分かるだろう。

Excel上で印鑑的なオブジェクトを作って貼り付けることによって、書類を提出する謎文化がある会社もあるが、面倒くさいのはさておき紙に印鑑を押すよりかは幾分かマシであると言わざるを得ない。やりたくはないしそんなことまでして形式にこだわるかとは思うけど、紙は無駄にならなくて良い。ExcelにはExcelの嫌なところはいっぱいあるけど、それを印刷して内容を手書きして押印して提出するよりはずっと良い。

お願いだから早くこのシステムが廃れて欲しいけれど、そうしたらそうしたで別の面倒くさい事象が追加されてる気がしてならないんだよなぁ。