言葉のリハビリ場

好きなことや思い出したこと、忘れていたこと、つらつらと文字にしています。

恐ろしきPC排熱

部屋が暑いのか排熱が凄まじいのかよくわからない時がある。ここで言う排熱とはすなわちPCからの排熱のことだ。電化製品は基本的に熱を発するものではあるが、とりわけ私の使っているPCは非常に熱を発している気がする。年式が古いとか性能が悪いとかそれを分かっていながらにして現役で使い続けている私が一番悪いのは分かっているのだが、環境を変えると言うかデータを引っ越すことの面倒くささを前のPCが壊れた時に嫌というほど思い知らされたので尻込みしてしまっている点がある。特に先代PCはある日突然起動しなくなってそのままお釈迦になった末、フリーのデータ救済ソフト等を使って無理やり立ち上げ、USBでちまちまデータ移植をしたためにてこずったのであって、外付けHDDを導入している今はさほど問題にならないかもしれない事はわかっている。ただiPodiPhoneの同期先かつバックアップ先だったりする以上はなかなかその基盤ごと移そうと言う気にならないのである。

話が脱線した。

このPCくんの置いてある位置もまた原因の一つで、部屋に設置されているエアコンからの距離が一番遠いことが会館温度の上昇に一役買ってしまっている事は明白だ。こればっかりは部屋の構造とデスクの位置故の事なので改善が難しい。特に外付けHDDに頼っているため移動がやや面倒くさいといった状況を生み出してしまっている。

外付けHDDの容量が1TBあるので、重めのソフトでもとりあえず導入できるため、それ故に高負荷がかかり続けている可能性も否めない。空きメモリ容量が一ケタどころか0になっている事も散見されるし、いいかげんフリーズする頻度も高くなってきた(むろんフリーズ中も高負荷はかかり続けている)。

これ以上悪くなることはあっても良くなることはないと分かっている以上、最善手は「PCを買い替えること」であるわけだ。決してミニ扇風機を卓上に導入することではない。それは買った後からでも出来るからだ。

今は保冷剤を置いてみたりとだましだまし使っているものの、いつ、止まってしまうかわからないなぁなんて考えながら数年経ってしまっているので、いい加減危機感もクソもないのだが、高額の買い物となるため踏ん切りがつかないのである。


5泊くらいの旅行でトータルで使った額の方が多かったりするのに、だ。